魚のイラストを活用しよう

飲食店、主に居酒屋や定食屋等のメニューが豊富にあるお店等では魚料理も沢山置いてあります。ですが魚を初め主に魚介類等は名前だけではどんな魚なのか判別しにくい物も沢山あります。地域によって名前が違っていたりするので、メニューが文字のみではどんな魚なのかイメージし難いです。これにより売れ行きにも多少影響しています。そんな時に活用出来るのが、魚のイラストを掲載する事です。写真を掲載する場合もありますが、写真では生々しいので食欲をなくす可能性が少なからずあります。その点イラストは書き方によってはデフォルメする事も可能ですので、前述のデメリットを解消出来ます。イラストに加えて豆知識や大まかな味の情報等も一緒に掲載すると、よりお客様は味のイメージがしやすいです。店員がイラストを上手く描けない場合は専門の業者もあるので委託する事も可能です。

仕入れには通販を活用しましょう。例えば、業務用切り身の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのもオススメです。
飲食店を営業する際には食材の仕入先を見つけなければなりません。従来では実店舗から業務用の材料を大量に仕入れていましたが、近年ではインターネット環境が発達した事で食材を通販で購入する事も可能です。この方法の最大の特徴は自宅又はお店等にいながら食材を仕入れる事です。これにより実店舗に行く必要が無くなりますので、大量の食材等を
運ぶのに必要な車等が必要無くなります。その為移動費や車の燃料費等が掛かりません。また移動の手間も無いので時間を有効に使う事が出来ます。実店舗で仕入れをする場合には相手側との交渉等が発生します。その際に必要の無い食材等を余分に購入しなければならない場合があります。通販の場合それがありませんので自分のペースで必要な食材のみを購入する事が可能です。

業務用の串焼きを通販で仕入れる際の注意点についてです。
通販で業務用の食材を仕入れる事は前述の通りメリットが沢山あります。特に串焼き等の手間が掛かる料理等は業務用を仕入れるのが効率的です。ですが業務用食材を通販で仕入れる際に注意しなければならない点があります。信頼の置ける店舗を見つけなければなりません。評判の悪いお店等から串焼き等を仕入れると質が悪い、イメージと違う等のトラブルが発生します。他にはお店によっては仕入れる量がキロ単位で少量のみ必要な場合でも大量に注文しなければなりません。他にはお店によって取り扱っている材料等も違いますので購入する際は細かく確認しましょう。