イタリアンで楽しみたい旬の魚と貝類

日本人が好きな洋風料理は数多くありますが、本格派の欧風料理の中で、群を抜いて人気が高いのはイタリアンをはじめとする地中海料理の数々です。肉料理の人気も高いものがありますが、地中海の恵み豊かな魚介類がふんだんに使われた海鮮グルメに熱い注目が集まっています。鮮魚をそのまま刺身で味わう日本人にとっては、とれたての魚をオリーブオイルやビネガー、レモンやハーブなどが絶妙のバランスで配合された特製ソースで味わうカルパッチョに魅了され、醤油とワサビというシンプルな味わいとはまた違った美味に、さまざまな組み合わせのカルパッチョを次々に賞味したくなる欲求を刺激されます。元々のカルパッチョは、鮮魚ではなく牛肉を使った前菜メニューだったと言われますが、刺身好きの日本人にとっては、新たな鮮魚の味わい方として日本各地でさまざまにアレンジされて、フレッシュな新メニューが生み出されています。
カルパッチョと共に人気があるアクアパッツァは、鮮魚のみならず、さまざまな貝類や目にも鮮やかなたっぷりのトマトと煮込まれた、見た目にもイタリアンといった風情漂う料理です。アクアパッツァといういかにも本格地中海料理といった名称ではあるものの、日本で調達できる材料で比較的簡単に調理することができるのも、人気ポイントの一つです。オリーブオイルと白ワイン、ニンニクと、数種類のイタリアンでよく使われるハーブを常備しておけば、トマトと洋風料理向きの魚介類が手に入ったところで調理を開始でき、特別なブイヨンなど使わなくても、魚や貝類から出た美味しいダシで本格派の味わいが高まります。ドライトマトを常備しておくと、フレッシュなトマトが無い時にも便利ですし、ドライトマト特有のイタリアンな風味が、アクアパッツァの味わいに深みを与えます。ダシの要は貝類からといった印象もある料理だけに、家庭で手作りの場合も、できるだけ本格派の素材を揃えたいものです。カラス貝を仕入れてメニュー増!美味しいのにマイナーな貝5選も参考になりますね。
今は、インターネットで業務用の貝類とその他の具材を購入できるところを探して購入することで、プロも利用する極上の貝類の味を家庭で楽しむことができるようになっています。憧れの本場イタリアで、ワイン片手にカルパッチョやアクアパッツァを賞味する日を夢見つつ、自己流のレシピを極めるのも一興です。イタリアンは、地方によって使われる素材や味付けがかなり違うことから、フリーダムな日本流イタリアンもおおらかに許される雰囲気があるのも、アレンジ好きの日本人に嬉しいポイントです。