魚の揚げ物を上手に揚げる方法

魚料理の中でも非常に難しいと言われるものの中に揚げ物があります。魚の種類にもよりますが油の温度や衣の付き具合に十分に注意しないと美味しく揚げることが非常に難しい料理ですが、美味しく作るためにはその他にも重要な要素があります。それは材料となる魚の特性を十分に理解することです。

魚は基本的にどのような方法で調理しても美味しく食べられるものですが、特に揚げ物はさっくりとした周りの衣と中の魚の柔らかさが口の中で微妙なコントラストとなり非常に美味しく食べられるものです。しかし、火の通り具合が非常に難しい料理で、通り過ぎると中身まで硬くなりゴツゴツとした食感になってしまいますし、弱いと生のような食感になってしまうためその火加減が非常に難しいと言う店があります。プロの場合には種類によって火加減を使い分けたり、衣の種類を変えるなどして様々な食感を作り出すことが可能ですが、家庭でやる場合にはなかなかこのような細かい作業をすることができないため、魚の揚げ物は家庭で作るには非常に難しいと言われている料理でもあります。

最近では様々な業務用の食材が販売されており、一般的にはお店などで調理の時間を短縮したり、人件費を削減して効率よくお店の経営を行うために広く利用されるようになっています。業務用食材の最も大きな魅力はその価格ですが、その他にも大きなメリットがあり、家庭で利用すると今までできなかったような料理を家庭で味わうことが出来るようになるのも大きな魅力となっています。例えば業務用の魚の揚げ物はあらかじめ衣が付けられており火が通りやすいように最適な厚さにカットされていることから、家庭で油で揚げるだけで簡単においしい揚げ物が味わえるようになっているのが大きな魅力です。その他にも様々な食材が簡単に調理できるように最適な形で販売されており、効果的に利用することで今まで家庭ではできなかった料理を楽しむことができるのが大きなメリットです。さらに自分ではなかなか処理が難しいような行程についてもあらかじめした処理を行って販売されているのが大きな特徴で、素人ではさばくのが難しいと言われるうなぎも業務用食材として販売されているため、これを購入することで家庭でも簡単にうなぎ料理が楽しめるのです。うなぎの串焼きを仕入れてみて!人気飲食店のメニュー成功例4選も参考にしたいですね。さらに最近では通販でも業務用食材を仕入れることができるのですが、ただし業務用のうなぎを通販で仕入れる際の注意点として用途に応じてその下処理の方法をしっかりと見極めて購入しないといけない点があります。これは他の業務用食材にも言えることですが、料理の工程を途中まで行っているような下処理をされていることが多いので、作りたい料理によって業務用食材を選ぶことが効果的に利用する方法です。