アコウは深い海に暮らす魚

冬の看板メニュー!コラーゲンたっぷり!高級魚「あんこう」を徹底解剖は、もう読みましたか?
アコウは鮮魚店の店頭に並んだり割烹などで料理として出されるときは、通常「アコウダイ」と表記されます。これはめでたい魚の代表のマダイにあやかって、少し高級なイメージをつけようとして「タイ」をつけるのが一般化しているためです。ほかにも、キンメのことを「キンメダイ」と呼んだり、カジキのことを高級なマグロにあやかって「カジキマグロ」と呼んだりします。アコウという名前は、赤い魚という意味に由来しています。「アカウオ」と呼ばれていたものが縮まってこの名前になったもので、富山県などでは今でもアカウオと呼ばれています。ただし、関西でアコウと呼ばれているのは別種であるキジハタのことで、よく混同されて使われます。
棲息域は、寒い北海道と暑い九州を除く、ほぼ日本全域です。ただし、水深300メートル以上の深い海が漁場となるので、瀬戸内海のように水深の浅い海では、ほぼ漁の記録はありません。キンメと同じ深い海の底近くに棲む魚ですが、棲息場所の水深がやや異なっています。キンメは主に水深200~300メートルの場所に棲んでいますが、アコウは水深300~500メートルの、さらに深い場所が棲息域です。漁では、イカやサバの短冊などをエサにして、10数個の釣りバリをつけた仕掛けを海底まで落として釣る方法が全国的に行われています。潮の流れ方によっては仕掛けが海底に達するまでに一時間近くを要することがあり、魚がかかるのを待つ時間と仕掛けの巻き上げ時間をプラスすると、一回の釣りで数時間かかることになり、一日に数回の仕掛けの上げ下ろしで漁は終了となります。ハリ数を多くするのも、効率的に漁をしようということからなのです。
釣り上げられると、水圧に耐え切れずに、エアバックが膨らむように膨らんだ浮き袋を口から出して、その浮力で次から次へと水面に浮いてきます。これをアコウの提灯行列と呼んだりしています。浮き袋のほか、目玉が飛び出すこともあり、近似種の「メヌケ」は、この様子からつけられた名前です。じつは、キンメのほうは浮き袋を持たないので、釣られて水面近くまできても元気いっぱいに泳いでいます。そして、ハリを外してやるとすぐに海底に向かって泳いでいくのです。煮たり焼いたりして食べられることが多く、グルメにも人気がある魚です。深場に棲んでいるため皮の下にたっぷり脂をため込んでいて、煮ると骨からの出汁も加わり、魚のおいしさが存分に味わえます。冷めると煮汁で煮凝りができるので別の楽しみもあります。焼き魚としては、味噌漬けや粕漬けが人気。切り身にして売られているので、家庭でも手軽に料理できます。