魚アレルギーはあらゆる種類で起こり得る

青魚には多くの脂肪酸が含まれているので健康に寄与し、脂肪酸にはアトピーや喘息、蕁麻疹などの症状を抑える働きがあります。
しかし、魚アレルギーを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。
なぜ引き起こされるのかと言うと、パルブアルブミンというタンパク質とコラーゲンが関係しています。
これらの成分は、ほとんどの種類の魚に含まれているので、アレルギーを起こす確率は高いです。
背の青い種類が主に出やすいのですが、白身魚でも反応に大差はないので種類は限定できません。
一般的には、サケ、マグロ、イワシ、カレイ、アジ、タイ、タラ、ブリ、サバなどが発症しやすいと言われています。
気になるのが、加熱加工すればアレルギー反応は回避できるかどうかですが、パルブアルブミンやコラーゲンは加熱加工で成分が一部変化します。
もちろん加熱加工すれば、絶対に反応が起きないわけではありませんが、反応が出る確率が下がるのは確かです。
ただし、加工してあっても大量に摂取すると反応が出ることもあるので、食べる量は考慮する必要があります。

魚を食べた後、全身にかゆみやじんましん、唇や口の中に腫れやかゆみが発現した場合、原因は魚の可能性が高いです。
また、腹部や喉に違和感があったり、腹痛や下痢、吐き気などが見られることもあるので注意が必要です。
目の充血やかゆみ、まぶたの腫れなどの症状が現れることもあり、咳やくしゃみが出ることもあります。
症状が悪化すると、呼吸困難や血圧低下、そして意識を失うこともあるので、わずかな症状が見られる場合でもすぐに摂取を止めることが大事です。
症状が落ち着くまでは安静にするように努め、それでも症状が治まらない時は、内科や皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

魚アレルギーを対策するには、食べないことが一番なのですが、何らかの理由で摂取してしまう可能性は拭えません。
もし発症してしまった場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用すると良いです。
ただし市販の薬では効き目は期待できないので、医者に処方してもらう必要があります。
重大な症状として、アナフィラキシーが出ることもあるので、専用の薬を念のために医者からもらっておくことです。
アナフィラキシーが起きた場合は、アドレナリン自己注射薬の補助治療剤を使用します。
魚アレルギーは、体質的な問題に起因しているので、大人も子供も関係なく発症します。
食べ物の好き嫌いではなく、免疫医学の問題になるので、正しく理解しながら対処していく必要があります。
こちらも読みたい→長寿も・美容効果も。たこの栄養についてプロが知っておきたい事